100年夢庭日記

築100年超の古民家に住む猫のつぶやき

  

朝鮮漬け

隣人の家には「朝鮮漬け」というちょっと変わった食べ物があるんだって。これは隣人の曾祖母が昔、朝鮮に住んでいた時に現地の人に教えてもらった漬け物を、日本に帰ってきてから再現しようとしたけど材料がなくてできず、試行錯誤の末、開発したものらしい。そのレシピが、隣人の家の女性たちに代々受け継がれてきて、同居人も教えてもらったんだって。

「朝鮮漬け」を作るのは一年で一番寒い時期。それで、毎年お正月あたりに食卓に登場したから、隣人は長らくお節料理の一種だと思いこんでいたらしい。

それに、大人になってから「朝鮮漬け」を食べたくなっても、どこにも売ってなくて、名前からして韓国料理屋なら絶対あるだろうと思ってあちこちで聞いてみてもやっぱりなくて、そこでようやく「これは、名前に『朝鮮』が入ってるけど、実は我が家にしかないオリジナルな漬け物なんじゃないか?」って気がついたんだって。

さて、この冬久しぶりに隣人から「朝鮮漬けを食べたい!」というリクエストをもらった同居人。前に作ったことあるけど、もう一度改めてお義母さんにレシピを教えてもらって作ったんだって。メインの材料は四~六ツ切りにした白菜。そこに、各種香味野菜(長ネギ・鷹の爪・すりおろしニンニク)とお塩と味の素をまぜこむ。そして最後に、別の小鍋でお水と小麦粉を加熱しトロリとさせて、釜揚げしらすと塩少々を加え、冷めたらそれを白菜の上からまんべんなくかける。

その最後の工程がポイントみたいだけど、同居人としては、トロリとさせた小麦粉を野菜にかけるっていうのが、変わってるな~と思うらしい。どうやら、そこに入っている釜揚げしらすが発酵の役割を担うんだけど、元々のレシピでは、さらに生鮭も入っていたらしい。でも、生鮭は腐りやすいみたいだから、今回は入れず。

厳寒なら屋外で保管するけど、今日はそこまで寒くないから冷蔵庫に入れたんだって。水が上がってきたら混ぜ合わせて、ちょっと酸っぱくなった時が食べ頃みたい。出来上がりが楽しみだね!

 

f:id:gobuichikun:20201128200133j:plain

「朝鮮漬け」という名のオリジナル漬物

f:id:gobuichikun:20201128200250j:plain

f:id:gobuichikun:20201128200324j:plain