100年夢庭日記

古民家とその庭に関する随筆

キラキラと憂鬱

今日の同居人は、朝からザラメのお煎餅が止まらないらしい。夜には、ご近所の人からいただいた栗を使って、渋皮煮を作るらしいよ。途中でめんどくさくなったら、茹でるだけにしてスプーンでほじくって食べちゃうつもりらしい。それと、これまたいただきものの青唐辛子は、刻んで焼酎やお醤油に漬ける予定なんだって。いろんなお料理にかけたら、さらに美味しくなるらしいよ(^q^)食欲の秋だね!

今、若者が半島に移住するのが密かなブームになってて、そういうのをペンターン(ペニンシュラターン)といって、半島同士で同盟を結んだりもしてるらしいんだけど、TVで若い移住女子たちがワイワイ 楽しそうに集ったり町起こしに活躍する様子を見ると、同居人としては「同じ移住者とは思えないくらい、キラキラしてて眩しい」んだって…笑

ちなみに、この街にも移住女子が集って情報交換をする組織があるけど、同居人は普段はお仕事で忙しいし、休日にはいくつか習い事もしているから、結局一度も顔を出していないらしい。例えば、海外の日本人留学生が日本人同士で固まるとき、それは楽しく安心できる時間ではあるけど、群れることで外側にアピールすると同時に内側に閉じるリスクもあり…なんて難しく考えてるわけじゃないけど、外と繋がらないと内側に閉じるばかりになりそうな予感もあるみたい。

ここは自然が豊かで確かに田舎ではあるけど、過疎じゃないし昔からの住民でもないから地域住人に頼られてないし、移住者に特別ウェルカムな土地柄でもなくて、同居人としては、その保守的でピリッとした感じが今まではお気に入りだったらしいんだけど、ペンターンの移住女子のキラキラぶりや地域住民の温かくウェルカムな雰囲気をみたあとは、ちょっと羨ましくなったんだって。

そういえば、前に別の県のまちなか物件に住んでいたときには、ドーナツ化現象で近所に高齢者と空き家が多くて、「若い人」として地域住人にすごく必要とされていろんな役を任されて、それはそれで大変だったけどウェルカムで助け合う優しい空気があったよな~と、懐かしく思い出したらしい。

同居人は、ザラメ煎餅をバリバリ食べながら「私もどこかの半島に引っ越そうかな~!半島じゃなくても、沖縄とか外国でもいいんだけどね」って言ってた。同居人は引っ越し大好きだけど、私や隣人は引っ越し大嫌い!だって、この家も庭も大好きだから。

今日はとても綺麗な青空で気持ちのいいお天気だったのに、ふてくされた同居人はどこにも行かず、庭仕事もせず、最終的には私をお腹にのっけたまま、木漏れ日の下で優雅にお昼寝していたよ。まあ、私はそれで十分満足なんだけどね。

 

f:id:gobuichikun:20200921191509j:plain

f:id:gobuichikun:20200921191535j:plain

f:id:gobuichikun:20200921191610j:plain

 

芋虫の食欲

庭をぶらぶらしていたら、葉っぱがところどころ綺麗になくなった山椒を発見したんだって。

その山椒は、同居人が植えたわけじゃないけど、なぜか最初から庭に自生していて、勝手に子孫繁栄しているのか、それとも鳥が運んできたのか、庭のあちこちに小さな山椒が新たに生えてきてるんだって。香味野菜好きな同居人としては、すごく嬉しいみたいで、タケノコやうなぎを食べるときには必ずウキウキしながら摘みに行ってるよ♪

それはともかく、葉っぱがあまりにもなくなって軸だけが綺麗に残ってるものだから、じーっと見たら、やっぱり…芋虫発見!今のところその山椒にとりついてるのが一匹だけだからまだいいけど、食べ尽くしたら腹ペコ芋虫になって困るだろうし、同居人としては今のうちにミカンの葉っぱに移すべきか悩んでいたよ。

でも、人が勝手に芋虫を移動させたら芋虫人生を左右しちゃうかもしれないし、バタフライエフェクトならぬ芋虫エフェクトもあるかもしれないし…とかってうじうじ言ってるから、私の考えを伝えたよ。まあ、勝手に次の山椒を探すんじゃない?って。

ちなみに、同居人が移住先として考えているミカンの木には、去年は50センチほどの小さな木に何匹もアゲハチョウの幼虫が取り付いて、ついにハゲ坊主にされたけど、今年は不人気みたいで、一匹もいないんだって。ミカンも安心したのか、急に元気になって背が一気に2倍以上伸びたらしい。

庭のエノキの木には、初夏に大量のヒオドシチョウの幼虫が群がって、すべての葉を綺麗に食べ尽くして集団で次の木に移動したり、石灯篭に登って蛹になったりしてたけど、もうそのエノキはすっかり復活したみたい。ヒオドシチョウの幼虫はただの毛虫に見えたけど、マニア垂涎の蝶らしいよ。にょろにょろするものは、基本的に嫌いじゃないみたいだよ。

同居人としては、芋虫たちに、「葉っぱを食べてもいいから、せめて、その後の植物が復活できるくらいにしてほしい!」と言いたいんだってさ。

 

f:id:gobuichikun:20200921175520j:plain

f:id:gobuichikun:20200921175607j:plain

f:id:gobuichikun:20200921175626j:plain

猫のひげ

今日はこれから、猫のひげっていうお花を植えるんだって。私の顔をジーっと見て、「ほんとにそっくり!」って言ってた。いつかキャットテールっていうお花も植えたいんだって。

ちなみに、同居人は私のひげが落ちると、毎回拾って集めているよ。なんでかは知らないけど、なんとなく気分でコレクションしてるんだって。ホントは猫のひげ入れとして、素敵な陶筥がほしいけど、これ!というのがないから、空き缶にとりあえず入れてるらしい。ちょっと前に、九谷焼の今村公恵さんの作品展で「猫のひげ入れ」というタイトルの長細い陶筥が売られていて、それはとてもかわいかったんだけど、その時はまだひげを集めてなかったから買わなかったんだって。でも今となっては、あの時買っておけばよかった…って後悔してるらしいよ。九谷焼は無理だけど、オーブン陶土なら常にうちにあるし、自分で陶筥を作ったら?

ところで、お昼に『ポツンと一軒家』っていうテレビを見ていたら、ベテランの庭師さんが自分の理想とする庭を作ったお話で、同居人と隣人がくいつき気味に見ていたよ。特に、水琴窟には早速「これやりたい!作って!」と同居人。まず、甕を地面に埋めないといけないらしいんだけど、素人ができるのかね?隣人は「作ってやる!」って言いつつ、ただただ苦笑いしていたよ。

たぶん隣人は、水琴窟なんかよりも、その庭師さんが400mも自分で地面を掘って作ったという源泉かけ流しの露天風呂の方が気になって仕方ないみたい。すごくうらやましいんだよね。なにせ、無類のお風呂好きだからね!

 

f:id:gobuichikun:20200919163435j:plain

f:id:gobuichikun:20200919163504j:plain

f:id:gobuichikun:20200919163524j:plain

 

雨降り

今日は一日中雨降り。同居人は朝からバタバタ出ていったから、私は一人でお留守番してたんだけど、夜には同居人の隣人が遊びにきて私をたくさん構ってくれたから、良かったです。同居人がお仕事から帰ってきたのは夜中の一時…まったく、よく働くね!

ちなみに、同居人はいつも「エサ代を稼いでくるからね」って私に言ってからお仕事に行きます。そう言われると、行くにゃ!とも言えず…でも、置いていかれる時はいつもなんとなく寂しくなって、ソファーの下に潜ってしまいます。

同居人は雨の日が好きみたい。雨の日にはなぜか眠くなるらしい。雨音を聞きながらお風呂に入って、そのあとお昼寝するのが最高の贅沢なんだって。私は毎日お昼寝してるけど、同居人はなかなかお昼寝タイムがとれないのが最近の悩みなんだって。私は同居人と一緒に寝るのが好き。そんな時には、自然と踏み踏みとゴロゴロがでてしまいます。エサ代を稼いでくれるのは嬉しいけど、私とのお昼寝時間も確保してくれると、もっと嬉しいな!

そうそう、朝顔が最近午後に咲いてるんだって。「明け方に咲くのか、昼に咲くのか、もう気まぐれで訳がわからない」って同居人がぼやいてた。まあ、きれいだからそれでいいんじゃない?

 

f:id:gobuichikun:20200919162734j:plain

f:id:gobuichikun:20200919162804j:plain

f:id:gobuichikun:20200919162906j:plain

美しき青

今朝私に起こされて、死んだように起きてきた同居人が、ヨロヨロとゴミ出しに行ってきたかと思ったら、ウキウキして戻ってきたよ。

ついに、あの朝顔が咲いたらしい!まあ、少し前からずっと咲いてたけど、なにせ咲いてる場面をまともに見たことがなかったもんね。

しかも、今朝だって、最初は東を向いて咲いて萎れかけた見慣れた朝顔しかなくて、帰りかけたその時、柱の陰にもう一輪の朝顔を発見…!

それはたまたま西向きだったから日没直前まで蕾に日があたってて、開花時間も少し後ろにずれたみたいなんだって。ラッキー♪ ほら、私といるとなにかとご利益あるでしょ!

それにしても、心が洗われるような綺麗な青だね!

 

f:id:gobuichikun:20200917135754j:plain

f:id:gobuichikun:20200917135805j:plain

f:id:gobuichikun:20200917135819j:plain

 

小さな仲間たち

昨夜、同居人は3時半まで起きて真っ暗闇の中、朝顔の蕾の状態をチェックしてたけど、やっぱりまだ咲かないという判断になったらしく、寝ちゃったよ。翌朝7時半には起きて、バタバタ朝ごはん作ったり私を抱っこしたりして、外に出ていったから、今日はなんだか忙しそうだね。

抱っこのタイミングがあってる時は嬉しくてついゴロゴロが出ちゃうけど、全然気分じゃない時はすぐに体をひねって床に飛び降りる私。この前は、同居人が夜中に「USBがなくなった!」ってウロウロ探しはじめ、なかなか見つからない状態で突然「ボビを抱っこしたら見つかるかも!」ってつぶやいて抱っこしてきたけど、実際そのあとすぐに探し物が見つかったんだって。我ながら、結構ご利益あるんだよ!

さて、今日は退屈だから、同居人が可愛がってる動物たちについて書いてみます。私は基本的に独占欲が強くて多頭飼いに向かないと言われているアビシニアンだけど、ここは静かすぎるからちょっと寂しくなるときもあるよ。

最近まで、水屋箪笥の上にパンダマウスのおにぎりが飼われていて夜中回し車をまわす音がうるさかったんだけど、7月17日に天寿を全うしたんだって。おにぎりは、今は南の庭のタニワタリノキの下に埋葬されているらしいよ。かごそうじの時にたまに間近で見る機会があったけど、ネズミっていい動きをするよねー。たぶん私、一日中眺めていられるよ。あ、ちなみに、私はあの有名な『トムとジェリー』のトムのモデルになった猫らしいよ。

水屋の上にはもう一つかごがあって、そこには文鳥のロイヤルミルクティーとミゾレが仲良く暮らしているよ。手乗りとして、今は亡きチョビ(嘴に生まれつき障がいがあったけど人懐っこい手乗りの子)と一緒にヒナの時から育てたロイヤルミルクティだけど、いまいち人見知りで手に乗りたがらず。その人見知りがなおるのでは?と期待して投入した半手乗りのミゾレとはすぐに意気投合。

だけど、二羽で完全に、人の世界じゃなくて鳥の世界にいってしまった感じ。まあ、私を飼いだして、放鳥が思うようにできなくなったのもあるから、手乗りは諦めても二羽が仲良しならそれでいいらしい。小松菜が大好きで、庭の小鳥の声にもよく反応してるんだって。庭には色んな小鳥が遊びに来るから、去年巣箱を設置したけど、誰も使ってくれないんだって。

玄関先の手水鉢の中には、オサワガセメダカ(2回も外にとびだしたから)が飼われていたけど、尻尾付近に白い腫瘍ができて、つい最近とうとう亡くなってしまったんだって。この夏の間、エサを食べるオサワガセメダカの姿に毎日癒されていたから、いまだに喪失感があるらしい。同居人の隣人が、わざわざ素敵な飛び出し防止用の網を作ってくれたのに、それも今は行き場をなくしている状態なんだって。

あとは、庭にいる大量のカエル。同居人はカエルがなぜか大好きなんだって♪カエルが好きすぎて、夜道や雨降りの日は、いつも細心の注意を払って運転してるらしいよ。

ちなみに、ずっと可愛いと思ってたヤモリは、指を噛まれてからすっかり怖くなったらしい。それに、ヤモリって、驚くとキーッ(`□´)って鳴くんだって!知ってた?

たくさんの動物に囲まれた暮らしだね!

 

f:id:gobuichikun:20200917005032j:plain

f:id:gobuichikun:20200917005049j:plain

f:id:gobuichikun:20200917005105j:plain

幻の朝顔

今朝は、9時に起きてすぐ朝顔のもとに走ったけど、既にもう萎れかけてたんだって。小学生の時、もっと普通に咲いてたよね?それともこういう萎んで咲く品種なの?朝顔でこんなに苦労するとは思わなかった!…とかってブツブツ言いながら、開花時間をネットで調べていたよ。

その結果、朝顔は日没後9~10時間後に花が咲くことが判明!そうなると、9月の朝顔は日の出前の4時前後に咲くことになるらしい。朝っていうか、まだ夜だよね。さあ、どうする?

どうやら、つぼみはまだたくさんあるからチャンスはあるらしいんだけど、今一番大きいつぼみも明日咲くかは微妙らしい。そして、もし咲いたとしても4時…早起きが苦手なら、夜更かしして寝る前に見に行くという手もあるけど、いずれも同居人にとってはハードなんだって。

私としては、運良くたまたま見れたらラッキー♪っていうスタンスでいいんじゃないかな~って思うよ。朝顔さんも、真っ暗な中、静かに咲きたいんだろうし。

スカイブルーという品種だそうだけど、その名の通り綺麗な青で、萎れた翌日は赤くなってるんだって。もしかしたら宿根の朝顔だったかもしれないけど、パッケージを捨てちゃったから忘れちゃったらしい。朝顔といえば種で増えると思ってたけど、宿根タイプもあるんだね。花が終わって種をとるのも楽しみにしてるんだって。

頑張ってね!

 

f:id:gobuichikun:20200915104009j:plain

f:id:gobuichikun:20200915104025j:plain

f:id:gobuichikun:20200915104037j:plain

 

多肉コーナー誕生

今日は同居人は有休なんだって。休みの日はいつも誰かのために何かをしてるから、今日は絶対に自分のためだけのめっちゃ濃い休日にする!って前日から意気込んでいたけど、その割にはお昼までゴロゴロしてたよねー。

なんでも、今朝は早起きして朝顔を見に行ったのに、今度はつぼみが全然開いてなくて、心が折れたらしい。つぼみの大きさは十分みたいだから、明日はさすがに咲くんじゃない?

そんなこんなで、昼過ぎまでは軽トラ購入計画に打ち込んでいたけど、いい軽トラが見つかったらしく、午後からは庭仕事へ。ちなみに、軽トラで何したいのかというと、伐採した枝や草むしりのゴミを積んで、集積所に直接捨てに行きたいんだって。軽トラは近所の 人は大抵みんなもっている田舎生活必須アイテムなので、うちも早く手に入れたいんだって。

とりあえず、納車まではせっせとゴミの日に小出しにするしかないね。ちなみに、少し前までは、樹木医さんに教えてもらった無煙炭化器で枝を燃やし炭化して土にかえしてたんだけど、ある時近所の人に「焚き火禁止だよ」って言われちゃったんだって。市のルールでは枝葉を燃やすのはOKなんだけど、近所の慣例的にダメらしい。無煙炭化器、結構高かったのにもったいないね。ついでに焼き芋もできて最高のアイテムだったらしいんだけどね…

さて、今日は頑張って多肉植物コーナーを作ったらしいよ。多肉植物は勝手に増えるから、最初はすかすかでいいんだって。全部違う種類のを植えたけど、作業しているうちにどのラベルがどの子なのかわからなくなってしまったらしいよ。適当だね!

私はずっと窓際の椅子のところから作業の様子を見ていたけど、同居人が庭から帰ってきたのは暗くなってから。充実した有休になったかな?

 

f:id:gobuichikun:20200914200035j:plain

f:id:gobuichikun:20200914200224j:plain

before

f:id:gobuichikun:20200914200248j:plain

after

 

皆が集う庭

今朝は、私の気まぐれで起こしに行かなかったから、「おかげでぐっすりよく眠れた♪」んだって。10時半すぎにようやく起きてきたけど、その後、バタバタ庭に行ったと思ったら、ガックリした顔で戻ってきたよ。なんでも、今朝は朝顔が初めて咲いたんだけど、見に行った時には既に萎れていたらしい。朝顔って、何時くらいに咲いて、何時くらいにしぼむのかね?まあ、とりあえずドンマイ!明日咲きそうなつぼみもあるんでしょ?明日はちゃんと私が起こしてあげるからさ。

お昼には、同居人と隣人が庭仕事をしていたよ。玉石磨きと、井戸関係の古道具の整理、ホテイアオイの移動、椿の剪定など、涼しいから仕事がはかどったんだって。だけどまた、石の磨き方とか除草剤エリアをめぐる攻防でバトルしてたよ。まったく平和な二人だね!

そうそう、庭の一角に枯山水的なコーナーがあることが今日わかったらしいよ。だけど、そこが荒れていて吹きだまりみたいになってるから、一旦すべての玉石を撤去して作り直すことにしたらしい。同居人としては、思いきって玉石をやめて多肉植物コーナーに変えようと思ってるらしい。隣人の賛同が得られるかは微妙だと思うけど…

その枯山水コーナーには、石の下に腐葉土もできていて、青白いミミズが出てきたんだって(全然枯山水じゃないよね…)。ついでに、そのミミズをお庭の土に放してあげたときに、珍しいカタツムリも見つけたらしいよ。「新種を発見した!」って小躍りしていたけど、キセルガイっていう名前があることがわかったとたん、静かになったよ。

そうそう、昨日から南側の庭に百合が一輪、勝手に咲きはじめたらしいけど、それにもタカサゴユリっていう名前があることがわかったんだって。みんな、どこからこの庭に来たのかね?

 

f:id:gobuichikun:20200914002917j:plain

f:id:gobuichikun:20200914002939j:plain

f:id:gobuichikun:20200914002949j:plain

 

朝顔のつぼみ

今朝は、同居人が普段めったに行かない2階に上がって、物置をガサゴソ…夏物の服を引っ張りだして着ていたよ。もう夏が終わるのに、一度も着ていないお気に入りの服があることを思い出したんだって。

私が知る限り、そんな服がその物置にはたくさん入ってるんだけど、全部着ていたら来年の夏になっちゃうよね。もっと減らせばいいのに。っていうか、裸でよくない?って思うけど、人間社会ではそれやると犯罪になるらしい。逆に、「暑いのに毎日毛皮を着て、大変だね」って労われるけど、お腹をひんやりした木や石にくっつけるあの幸せを思えば、全然余裕。

ところで、「庭日記なのに庭の話がない」と隣人に指摘され、確かに…と思ったらしく、今朝はいつものようにひとしきり庭をぶらぶらしたあと、すぐに携帯をとりに戻ってきたよ。

なんでも、蔵のところに植えた朝顔がもうすぐ咲きそうなんだって。この朝顔、毎日お世話をしているのに蔓ばかり上に上に伸びていって、とうとう蔵の一階軒下まで到達…他のお宅の朝顔はとっくに咲いてるのにうちはいつ咲くの?幼少期に尺取り虫に取りつかれてだいぶ葉っぱを食べられたのがいけなかったんだろうか…って心配してたんだって。開花が楽しみだね!

今日はこれから、庭の通路にある白い卵みたいな玉石を磨くらしいよ。この通路、先日隣人が密かに強力な除草剤をかけ、一面茶色になったことで同居人にあっさりバレ、除草剤大好きな隣人と自然派の同居人との間で庭バトルが勃発したという因縁の場所。同居人としては、通路を綺麗にするのは賛成だけど、お気に入りの苔の目と鼻の先に、こっそり除草剤を(しかも、たっぷり!)撒かれたのが嫌だったんだって。

庭の写真を撮るついでに、ご近所の庭名人に除草剤の使い方を聞いたら、除草剤を水であえて薄めて遣う技とか、雑草ごと耕してしまう技を教えてもらったらしいよ。さて、これらの新知識は除草剤バトルに一石投じるか?!

『100年夢庭日記』じゃなくて、『夢庭戦記』にならないようにね。まあ、それはそれでおもしろそうだけど!

 

f:id:gobuichikun:20200912151929j:plain

f:id:gobuichikun:20200912152006j:plain

f:id:gobuichikun:20200912152108j:plain

 

ネズミのおもちゃ

今朝は緊急案件とかで、起きてすぐに同居人が家を出ていったから、ずっと暇だったよ。すぐに帰ってくるとか言っていたくせに、なかなか帰ってこないし…

なんでも、用事が思いのほか長引いて、途中で空き時間もできたから、朝食と昼食を兼ねて、とある食堂で中華(ラーメンのこと)の大盛りを注文したら、食べても食べても麺が減らなくて大変だったんだって。そもそも、ラーメン鉢というより、洗面器みたいな器だったらしいよ。

その後、コンビニで買ったピスタチオオレを飲んで、やっと少し落ち着いたんだって。これだから食いしん坊は困るね。必要な分だけ食べればいいのに。でも、残すのは絶対に嫌なんだってさ。

私なんていつも同じカリカリを必要なだけ食べて、普通に満足なんだけど、同居人からは「毎日同じご飯なのに飽きないなんて、すごいね。えらいね」って言われるよ。まあ、誉められて悪い気はしないけどね!

そういえば「待たせたお詫びに」って、ネズミのおもちゃを買ってきてもらったよ。

やっぱりネズミは萌えます!

 

f:id:gobuichikun:20200911142139j:plain

f:id:gobuichikun:20200911142158j:plain

f:id:gobuichikun:20200911142215j:plain

 

水瓶

今朝、同居人を起こしに行くと、珍しく私に一言も文句も言わずに、ぼーっとした感じで寝室から出てきたよ。どうやらよく眠れなかったみたい。

昨日は日中、植木屋や古道具屋に睡蓮鉢を見にいったらしいんだけど、これというのがなかったから、夜になってヤフオクで調べ始めたら、睡蓮鉢→古伊万里の深鉢→火鉢→甕→水瓶と調べていくうちに、すっかりテンションが上がってしまったんだって。

もともとは玄関先のメダカのところにある増えすぎたホテイアオイをなんとかしたいから睡蓮鉢を探し始めたらしいけど、最終的には、大きな水瓶を玄関先に置いて金魚を買う構想とか、水場のない南側の庭に大きな水瓶で雨水を貯めてそこから柄杓で庭木にお水をやることを夢想…

目的を見失いがちだと同居人の隣人からクレームがちょくちょく入ってるみたいだけど、私からすると、それはそれで楽しそうにやってるからいいんじゃないかな。ただ、大きな甕とか水瓶とかっていうのは、私からするとちょっと怖い存在。なにせ、『吾輩は猫である』の主人公のことがあるからね…まあ、私は基本的に外には行かないんだけどね。

 

f:id:gobuichikun:20200910110810j:plain

f:id:gobuichikun:20200910110752j:plain

f:id:gobuichikun:20200910110728j:plain

 

黒ヤモリ

今朝は、同居人が思い付いたように家の中を掃除しだし、ちょっとうるさかったけど、私も暇だったから後をついていったよ。

同居人は、縁側の長い廊下を調子よく掃除機をかけていって、廊下の突き当たりに置いてあったパタパタ扉の物入れもどかしたんだけど、そのとたん、巨大な黒ヤモリが登場して固まっていたよ。

私も思わぬ大物登場に、即座にハンターの構えをとったけど、そのヤモリ(たぶんこの家の主だと思うんだけど)の動きの素早いこと!あっという間に天井までかけ登り、そのあと長押に飛び込んで消えちゃった。

その後も、諦めきれない様子の同居人は、掃除機を放り出して脚立を運んできて、虫取網と懐中電灯を手に長押の中をしばらく覗き込んでたけど、結局は諦めたみたい。

なんでも、暗がりに隠れてる主と目があったけど、小さなワニみたいな鋭い眼光に気圧されたんだって。これまでの主の功績に敬意を表して、共存の道を探るとか言ってた。さすが主だね!

 

f:id:gobuichikun:20200909235546j:plain

f:id:gobuichikun:20200909235609j:plain

f:id:gobuichikun:20200909235624j:plain