100年夢庭日記

築100年超の古民家に住む猫のつぶやき

  

手作り甘酒・その1

「今日は雛祭りだから…」と言って寝坊助の同居人がおもむろに取り出したのは、少し前に買って保管してあった米麹。今日はこれを使って、手作り甘酒に初挑戦するんだって。

まずは、説明書にある通り、400gの米麹に400mlのお水を加えてほぐしてから、炊飯器で7時間保温して発酵させる。炊飯器は13時にセットしたから、そこから7時間後というと20時。この時、炊飯器の蓋はせずに、上をタオルで覆うのがポイントらしい。同居人いわく、米麹ってなにもしないうちは食べても硬いけど、香りは既に甘酒っぽいらしいよ。

7時間後、タオルをどけてみると…なんか、真っ白だった米麹がうす茶色になってて、一瞬これは失敗したのか??って思ったらしいんだけど、とりあえず恐る恐るスプーンでかき混ぜてみたら、下の方は白くて、立ち上る香りも悪くない。試しにちょっと食べてみたら、所々硬い粒もあるけど、もう少し放置したら柔らかくなりそう…ということでさらにもう10分保温。

そこから、発酵を止めるために米麹を小鍋に移し、お水とお塩少々を入れて石油ストーブの上でかき混ぜながら加熱。お水を加えたら全体的に白っぽくなって、ちょっと甘酒らしい見た目になったからほっとしたらしい。お味は?

甘酒マニアの同居人は、これまでいろんな甘酒を飲んできたけど、今まで飲んだ甘酒のなかで、なんと今回のが一番濃くて美味しかったんだって!それで、これからはできるだけ手作りすることに決めたらしい。こんなに簡単に手作り甘酒ができるなら、なんでもっと早く挑戦しなかったんだろう…とちょっと後悔もしたらしい。

これからも、いろんなことにどんどん挑戦したら、良いことあるかもよ!

 

f:id:gobuichikun:20210303232940j:plain

f:id:gobuichikun:20210303233004j:plain

香りは既に甘酒っぽい!

f:id:gobuichikun:20210303233047j:plain

スイッチオン!

f:id:gobuichikun:20210303233133j:plain

7時間保温…

f:id:gobuichikun:20210303233201j:plain

小鍋に移して、お塩を少々。

f:id:gobuichikun:20210303233234j:plain

発酵を止めるために、加熱。

f:id:gobuichikun:20210303233310j:plain

どれどれ…

f:id:gobuichikun:20210303233335j:plain

火加減は私にお任せを!

f:id:gobuichikun:20210303233402j:plain

f:id:gobuichikun:20210303233417j:plain

f:id:gobuichikun:20210303233431j:plain

もう、良い感じだと思うよ!

f:id:gobuichikun:20210303233458j:plain

このギザギザが気持ちいい~♪

f:id:gobuichikun:20210303233529j:plain

なんかはまってしまいそうです…

f:id:gobuichikun:20210303233554j:plain

f:id:gobuichikun:20210303233605j:plain

完成♪

f:id:gobuichikun:20210303233623j:plain

ぼびも女の子だからって、匂いだけ嗅がせてくれた。

春の嵐

昨夜は気温は高かったから湯タンポは必要なかったけど、夜通し風が強くて、家中の窓や木戸がガタガタいうから全然眠れなかったんだって。さらには、夜中に私が寝室の戸をガタガタいわせたのかと勘違いして、起きて廊下の障子を開けたのに、私がいなくてがっくりもしたらしい。結局、風が止んだ朝の10時くらいから、ようやくぐっすり眠れたんだって。古民家に春の嵐はキツいね(>_<)

同居人が寝床で思ったことは、「春眠暁を覚えず」っていう漢詩を中学の時にやったけど、あれの最後の方の「夜来風雨の声」と「花落つること知る多少」は、当てはまるよなぁ…風雨の声が激しすぎて、春眠暁を覚えずどころか、全く眠れなくて睡眠不足ですけどってこと。

そして、春眠暁を覚えずの次のフレーズも、なかなか思い出せなくてお布団の中で気になったらしい。今日調べてみたら、「処処啼鳥を聞く」だって。言われてみたら、そんな感じだったかもって思い出したらしい。

しかも、最後のフレーズは「花落つること知んぬ多少ぞ」とか「知りぬ多少ぞ」とか「多少を知らんや」とか、いろんな書き下し文があることが判明!まあ、何が正しいかはよくわからないけど、とりあえず、中学の時に暗唱させられた「花落つること知る多少」でいいか、と思ったらしい。

私が同居人と暮らすこの家で、「春眠暁を覚えず」の詩の通りになるのは、いつかな?短時間に過ぎ去る春の嵐なら、ガタガタも短時間で済むだろうし、「春眠暁を覚えず」になるかもね。楽しみ♪

 

f:id:gobuichikun:20210303014149j:plain

嵐の前に植えたオダマキたち…

f:id:gobuichikun:20210303014223j:plain

同じく、原種の水仙。形が可愛い♪ あと、葉っぱがすごく細い☆

f:id:gobuichikun:20210303014317j:plain

漢詩『春暁』のイメージにぴったりのサザンカ

f:id:gobuichikun:20210303014403j:plain

春眠暁を覚えず…いいね♪

隣人は、角が丸くなったのか?

最近、同居人がひそかに思っていることは、隣人がちょっと丸くなったのか?ということ。元々の隣人はせっかちな性格で、物事を突き詰めないと気が済まないところがあって、白黒思考の完璧主義者。

完璧に良かったことや上手くいったこと以外は、全く評価しないから、「今日なんか良いことあった?」と同居人が聞いても、「何もない。悪いことならいっぱいあった」という会話になることが多々あったんだって。

それが最近は、「今日なんか良いことあった?」と同居人がきくと、「今日TVつけたら、見た目はそこらへんのお兄さんみたいだけど、すごく歌が上手くて、声も良いアーティストを発見した」とか、「コンビニでペヤングの激辛を買ったけど、辛いものが得意な外国人が食べても辛くて食べられないくらい辛いらしいから、怖くてまだ食べてない」とか、「ちょっとした良いこと」を言えるようになったんだって。

ちなみに、隣人が今気になっているというアーティストの名前は川崎鷹也氏。同居人も職場で録画してあった音楽番組でたまたま川崎氏の出演シーンを見たけど、確かに良い感じ♪そして、隣人が買ってしまった激辛ペヤングについては、今度同居人と一緒に食べてみることになったんだって。

それにしても、なぜ隣人が丸くなったのかが気になるね。年齢的なところ?それとも、隣人いわく「毒にも薬にもならない」私のブログの影響?それとも…?

 

f:id:gobuichikun:20210303010536j:plain

久しぶりのふみふみ♪ グローブのような手!

f:id:gobuichikun:20210303010619j:plain

ふみふみに力が入って…

f:id:gobuichikun:20210303010701j:plain

同居人に頭突きしたくなっちゃう!

大家さんへの道・その2

前々から、道後温泉と伊予柑のある愛媛県松山市に憧れている同居人と隣人…お手頃な中古ワンルームマンションがお手頃な価格で売りに出ているのを見て、また気になってしまったんだって。

それで問い合わせて詳しい写真を送ってもらったら、ユニットバスの全体、特に洗面台の配管の錆やリビングの床の汚れが気になって、エアコンも一応作動はするけど15年ものだと言われ、初期投資だけで50~100万近くかかりそうだということになったらしい。

それで、「元がとれないからやめます」と不動産屋さんに断ろうと思ったけど、やっぱりその物件のことが気になって、結局「主人と検討して、近日中にお返事します」ってメールしたらしい。

築35年のそのマンション、同居人がお仕事を辞めるまでの約20年を人に貸して、借り手がない時には自分たちが松山で遊ぶ時の拠点にしようという計画。ちなみに、同じマンションの他の部屋を調べると、家賃は月々2.2~2.5万で、金沢市内並みのお安さ。空き家リスクも含め、毎月の管理費を引いたり交通費を引いたり購入費用や初期投資費用を引けば、20年かけても全く儲けがない計算…そして、確定申告の手間がかかるだけ。

でも、損はなさそうだし、なんだかワクワクするのは気のせい?こんなふうに、憧れの京都と沖縄にも拠点を持ちたいらしい。調子にのって、不動産貧乏にならないようにね!

 

f:id:gobuichikun:20210302021227j:plain

ペット不可の物件らしい!

f:id:gobuichikun:20210302021257j:plain

にゃんと!

f:id:gobuichikun:20210302021319j:plain

でもまあ、私はこの家が好きだから関係ないか。

掛け軸の話

同居人がこの家に移住して来た時に奥の床の間に飾ってあったのは、大きな水墨画の掛け軸。前のオーナーさんがそのままにして置いていったものなんだけど、以来、掛け軸の世界が気になって古道具屋さんやオークションで見てまわるようになったらしい。

いずれは春夏秋冬、季節ごとに気に入った掛け軸を床の間に飾れたらなぁ…と思って、少しずつ気になる掛け軸を買い集めているらしいんだけど、同居人が「これっ!!」って思ったものは高かったり、仕事が忙しくてオークションに思うように参加できなかったりしているらしい。お金がないと買えないから仕事はしなきゃいけないんだけど、思い切り仕事をしてるとゆっくり掛け軸をみたり買ったりができなくて、なんだかもどかしいらしい。

昨日も、22時過ぎに終わるオークションのことはわかっていたけど、同居人は仕事に集中していて、結局なにもしないうちに誰かに落札されちゃっていたらしい。ちなみに、昨日落札しそびれた作品というのは、西村五雲氏が描いた、カボチャを噛っているネズミの掛け軸。さすが西村五雲先生、小さなネズミの描写が素晴らしくて、なんとも可愛かったんだって。秋に床の間に飾れたら、きっと素敵だったのにね。

そうやってこれまで逃してきた掛け軸がいっぱいあって、普段はあまり過去に引きずられない同居人だけど、掛け軸に関してはついつい逃した作品を思い出してしまうらしい。中でも、平福百穂氏の、牛を引く人物が描かれている作品は、作品の中に降る雨の音がリアルに聴こえてくるくらい引き込まれるものがあったんだって。

まだまだ興味のつきない掛け軸の世界…これからも良い作品とのご縁がありますようにと願う同居人。何かを手放せば何かを新たに得るともいうからさ、まあ、過去のことはドンマイ!

f:id:gobuichikun:20210227225838j:plain
お布団の中♪
f:id:gobuichikun:20210227225905j:plain
ゴロゴロいってます♪
f:id:gobuichikun:20210227225930j:plain
梅がたくさん咲いてきたよ!

こごめ餅の宴

同居人が最初に「こごめ餅」に出会ったのは移住してすぐの頃、近所のスーパーにて。よもぎを入れすぎたよもぎ餅みたいな濃い緑色の外観だったから、「こごめ」→山菜の「こごみ」がなまったものだと解釈していたんだって。こっちでは、こごみをお餅に練り込んじゃうのか…と。

最近、職場にカラフルなこごめ餅が届いた時に、同居人が思ったことは、へぇ~!緑色以外のこごめ餅もあるんだぁ…ってこと。その後同僚に、このあたりでは餅米とうるち米(普通のご飯になるお米)を半々で混ぜて、それでお餅をついたものを「こごめ餅(小米餅)」ということを教えてもらったらしい。

普通のお餅に比べて噛みきりやすいから、お年寄りや子どもでも食べやすく、それに、いろんな味があるから見た目もカラフルで、地元民に人気なんだってさ。山菜のこごみとは何の関係もなかったんだね(^^;

さて、職場で少し試食した同居人は、ほかの味も全種類食べたくなって、機会を伺っていたんだって。そうして、今宵ついにその時が到来!

中でも特に美味しかったのは、青海苔味と海老味と胡麻味♪お餅の中にうるち米の粒が残っているからか、噛む度に各素材の香りがふわりとたって、お醤油がなくても食べられる感じ。こごめ餅にいろんな味がある理由がわかった気がしたらしい。そして、たしかに噛みきりやすく飲み込みやすい。普通のお餅にはない、新たな美味しさに出会ったね!

f:id:gobuichikun:20210227122308j:plain
おまけの切れ端がついているのが嬉しい☆
f:id:gobuichikun:20210227122454j:plain
こんなに種類がある。一番高カロリーなのは、豆餅。低カロリーは草餅。
f:id:gobuichikun:20210227122523j:plain
もちろん石油ストーブの上で焼く♪
f:id:gobuichikun:20210227122547j:plain
まだかな~…
f:id:gobuichikun:20210227122623j:plain
海老餅、美味しかった!

花言葉は「自由」

今日はとてもよいお天気だったから、太陽に誘われて薄着で庭に出た同居人だったけど、外は思いのほか寒くて、北側の手水鉢には氷まで張っていてびっくりしたんだって。

フキノトウとか、去年一生懸命植えたコゴミやワラビや三つ葉が、どこからか生えてないかな~とウロウロ庭を歩いてみたけど、山菜にはまだちょっと早かったみたい。

でも、そのかわりに、リコリス(夏水仙)の新芽や、猫柳とピンク猫柳、勝手に繁殖してる様子のイチゴたち、そして、色々な植物の新芽や花芽を見つけたんだって。

ちなみに、猫柳の花言葉は「自由」「思いのまま」「率直」「自由な心」「開放的」「気まま」など、猫柳だけに一般的な猫のイメージと重なる感じ?でも、他にも「努力が報われる」とか「親切」という花言葉もあるんだって。これらも猫のイメージなのかな??うーん、たぶん違うよね…

ちなみに、同居人が思う私のイメージは「繊細」「甘えん坊」「寂しがりや」、隣人が思う私のイメージは「繊細」「高貴」「人懐っこい」…意外と「自由」が入ってないものだね。同居人曰く、「だってボビは野良猫じゃないし、お留守番もたくさんしてもらってるから…」だってさ。

猫柳はこんなに可愛いのに、挿し木でどんどん増えるらしいから、早速増やしたいって思ったらしいよ。頑張って!

 

f:id:gobuichikun:20210226024019j:plain

リコリス(別名は夏水仙、キツネノカミソリ)の新芽(たぶん)

f:id:gobuichikun:20210226024105j:plain

北側に植えたから、いまいち大きくならない…でも、かわいいな♪

f:id:gobuichikun:20210226024240j:plain

とよのかが、ランナーを伸ばしてなんだか元気。

f:id:gobuichikun:20210226024325j:plain

ワイルドストロベリーも相変わらず元気!

f:id:gobuichikun:20210226024410j:plain

このもふもふが可愛い!

f:id:gobuichikun:20210226024440j:plain

とげなしたらの芽の新芽。

f:id:gobuichikun:20210226024513j:plain

沈丁花の香りが大好き♪開花までもう少し(^q^)

f:id:gobuichikun:20210226024600j:plain

薔薇の新芽。赤い!

f:id:gobuichikun:20210226024633j:plain

まだ氷が張っているけど…

f:id:gobuichikun:20210226024704j:plain

春はすぐそこ!

いつものスーパーだけど…

最近、アニマルウェルフェアの観点から、卵は平飼いのものを買うことにして、鶏肉は地鶏を買うことに決めた同居人。ちょっとお高いけどね…

だけど、自炊じゃない時にお店や職場で鶏肉や卵が提供される機会は結構あって、「この鶏はケージ飼いだったのかな…」「この卵は…」といちいち気になりつつ、「じゃあ食べません!」というわけにはいかないし、地鶏にしろケージ飼いのブロイラーにしろ同じ命なわけで…と、あれこれ考えるとわけがわからなくなるので、とりあえず、人から出されたものはちゃんと残さず食べて、自分で買うときには意識的な買い物をしようと、同居人なりの線を引いたらしい。

それで、今日は久しぶりにいつものスーパーに買い物に行ったけど、お惣菜コーナーには大量の鶏肉を使ったお惣菜…若鶏の唐揚げに竜田揚げ、焼き鳥、フライドチキン、鶏とゴボウのピリ辛炒め、サラダチキン、筑前煮、チキンライス、モモ焼き、チキンとブロッコリーのグラタン、棒々鶏、よだれ鶏、チキンカツ…ちょうど夕食時だったから、「二割引」とかのシールがつけられてお買い得だったけど、これだけ大量に鶏肉が使われていたことを再発見して恐ろしくなり、お惣菜コーナーを足早に通過。

さらに、卵コーナーには平飼い卵がなく、特売の卵パックばかりがずらり。そうした卵にはみんな、健康的で爽やかそうな名前がつけられていたけど、実際は劣悪な環境に閉じ込められて卵を産んでいるんだよな…と思うと、いたたまれなくなり通過。当然、お肉コーナーにも地鶏のお肉はなく…

その後お魚コーナーでも、買いたいものがなくて、「そういえばこのスーパーは、安さと安定的な品質と品揃えが自慢だけど、産直へのこだわりとか品質へのこだわりとかは、そこまでないんだったっけ…」とぼんやり考えながら、パン・野菜・お豆腐・納豆・冷凍うどん・飲み物・お菓子だけ買って、帰って来たらしい。

いつものメニュー、いつものスーパーでも、最近は違う景色が見えるようになった同居人。 そうなると、行くレストランやスーパーも選ばざるを得なくなるのか?…ということにようやく気がついたんだって。もともと食いしん坊な同居人は、これまでも好奇心の赴くままに、産直のお店や外国食材のお店やオーガニック食品のお店を覗くことはあったけど、そういうお店に「しか」行けない(または、行かない・行きたくない)人にしたら、「普通」のスーパーは全然「普通」じゃなくて、ものすごい世界に見えてるんだろうな。不思議だね!

 

f:id:gobuichikun:20210225004607j:plain

仕事が忙しい時のおやつは、かりんとう!いろんな種類があるね。

f:id:gobuichikun:20210225004649j:plain

これも、いいね♪

f:id:gobuichikun:20210225004709j:plain

私もだけどさ、甘いおやつは食べ過ぎ注意だよ!

深夜の肛門しぼり

同居人がお仕事から帰ってきてまもなく、猫トイレにいった私…用を足したあと、お尻がムズムズしたから、なんとなくお尻歩きをしていたら、目を丸くして私を凝視している同居人と目があったよ。

同居人曰く、猫トイレからカーペットの所まで、肛門を擦りつけて歩いたあとが2mくらいフローリングの上に続いていたからびっくりしたんだって。それに、半年前に同居人の宿直勤務があった頃、独りのお留守番になかなか慣れずに私は下痢を繰り返していて、それ以来、久しぶりのお尻歩きだったから、心配になったらしい。

でも、今回は下痢じゃないし、基本的に私のうんちは毎日とても素晴らしい状態を維持してるから、前にやっていたお尻歩きとは違うはず。だけど、同居人は肛門の跡を2m、綺麗に拭き取りながら、「これは肛門腺液の臭いだから、こうなったら肛門絞りをするしかないか」…って決意したらしい。私、あれ苦手!

それに、同居人はひそかに、肛門腺液の臭いがそんなに嫌いじゃないらしい。どんな臭いかというと、うんちの臭いでもないし、どう表現すればいいのだろう?きっと表現しようのない臭いだから、「とても臭い」「強烈な臭い」「鉄の臭い」「生魚の臭い」とかって皆はいうけど、同居人としては鉄とか生魚とかではなく、もっと懐かしい感じの温かみのある、ずっと嗅いでいたいような匂いらしい。

肛門腺液を匂いのプロに嗅いでもらった記事をネット上でみつけたらしいんだけど、そこでは「ナンプラーの匂いに似てる」ってコメントされてたんだって。それには同居人も、「たしかに!」って思ったらしい。鉄とか生魚とかより、ナンプラーが断然近い!

さて、同居人はその後何度か、私の首根っこを掴んで、ティッシュで肛門を押さえに来たけど、私がゴロゴロいいながら毎回するりと逃げたから、10回目くらいでやっと諦めたよ。結果、肛門腺液もいまいち取れなかったらしい。私は健康な猫だから、わざわざ肛門絞りをしなくても、排泄時に自然に排出できるよ!じゃあ、なんでさっきお尻歩きしてたのかというと…なんとなくお尻がムズムズしたから。

 

f:id:gobuichikun:20210224022144j:plain

f:id:gobuichikun:20210224022158j:plain

f:id:gobuichikun:20210224022211j:plain

私をクロスカントリースキーに連れてって!?

元スキー部の隣人は、スキーが大好き。同居人はスキーが…嫌いな訳じゃないしもっと上手くなりたいけど、そんなに上手に滑れないから構えてしまうらしい。

スキーが好きな人は、気軽に「よし、明日スキーに行こうか。日帰りで」って言うけど、同居人の場合は、スキーに行く覚悟が決まるまでに最低1ヶ月はかかるんだって。しかも、1日だけの休みでは絶対無理で、最低3日は仕事を休んでその真ん中の日に、余裕を持って行きたいらしい。そして雪質はパウダースノーがいいらしい。

同居人がスキーを初めてしたのは、親がいつの間にか申し込んだスキー合宿で、たしかそれは小学校1年生くらいの時だったけど、親元をはなれてテンションあがりすぎて、寝るまでずっとはしゃいで場を盛り上げ、皆にも「面白い!」って言われていたんだけど、寝たあとで気持ちが悪くなって吐いちゃったらしい…無理してたんだね(^^;

それでも、肝心のスキーは、恐れを知らない子どもだったからか、2泊3日であっという間に上達して、最終日には雪上にたてられたたくさんの旗をターンして滑り降りてくるテストがあって、あっさり合格。

それ以来、自分はスキーが得意だと思い込んでいた同居人だったけど、中1になると同時に引っ越した石川県で久しぶりにスキーをやってみたら、前にはなかった「怖い」という感情が出て来て、ターンどころか全く滑れなくなっていたから、結構自分でもびっくりしたんだって。せっかく雪国に来たのに、人間って不思議だね。

それでも、親がまた勝手にスキー教室に申し込んだり、学生時代には友達と何度かスノボに行ったりもしたけど、なんだかスキーもスノボもいまいちモノにならなかったらしい。ちなみに同居人の中では、あんまり転んでもお尻が痛くないからという理由で、スノボよりはスキーの方が好きなんだって。

ほんとは、同居人が一番自分に向いてると思っているのはクロスカントリースキー。カナダで一度だけやったことがあるらしいんだけど、森の中を汗だくになって歩いたり滑ったりして、時にはウサギの足跡を観察したりしながら、休み休みスキーを楽しめるらしい。実は、北陸にはクロスカントリースキー場が何ヵ所かあるんだってよ。残念ながら今シーズンは雪質的にもう終わりみたいだけど、来シーズンあたり行ってみたいらしい!

 

f:id:gobuichikun:20210222001224j:plain

招き猫ボビ

f:id:gobuichikun:20210222001248j:plain

かわいい…♪

f:id:gobuichikun:20210222001311j:plain

良いことあるかな♪

ご近所探訪

同居人がこっちに移住してからあと1ヶ月と1週間で丸2年が経過することになるんだけど、最近はコロナもあってなかなかお店の新規開拓をしそびれて、ついつい知ってるお店にしか行かなくなっていたんだって。

よく行くお店といっても数は限られていて、2~3ヶ月に一回ペースで行くのが、①お寿司屋さん、そして②焼き肉屋さん(だけど、お刺身も美味しいお店)で、一番よく行くのは③タイ料理屋さんと、④五目そばが美味しい食堂で、それぞれ1ヶ月に一回ペースらしい。

そこに新たに今日、近所の居酒屋さんが加わりそうなんだって。近所といっても、一番近い居酒屋は、ホントに町民と鉢合わせになるから避けて、今日思いきって行ったみたのは、家から車で5分くらい走ったところにある居酒屋さん。

そこは地元産のお刺身が自慢みたいで、生の本マグロの中トロと男貝(オガイ)のお刺身が美味しかったらしい。お料理2500円からのコースもあるっていうから、今度はコースも食べてみたいんだって。

他にも、職場の近所には立派な焼き肉屋さんが移転オープンしたみたいだし、家から徒歩5分の所にはカウンターしかない定食屋さんが新しくできたらしい。コロナ禍で飲食店の経営はどこも大変だと思うけど、この田舎にもそうやって少しずつ新しいお店ができてるってこと…すごいね!同居人としては、地域のグルメをこれからどんどん開拓していきたいらしいよ!

 

f:id:gobuichikun:20210221210302j:plain

f:id:gobuichikun:20210221210327j:plain

はむっはむっっ

f:id:gobuichikun:20210221210540j:plain

ぺろっぺろっっ

f:id:gobuichikun:20210221210644j:plain

今日は生の本マグロを食べたから、私も本マグロ味のちゅ~るをもらったよ!美味しい~!!

f:id:gobuichikun:20210221210749j:plain

正しいお風呂の入りかた?

高齢者は毎日の入浴で要介護状態になるのを防げるという研究があるんだって。これは要介護状態ではない一万人以上の高齢者を約3年間追跡調査したもので、これだけ大規模な研究は世界初らしい。

週7日以上の入浴をする高齢者群と、週2日以下の入浴をする高齢者群で比べてみると、前者の方が約三割も要介護認定を受けるリスクが有意に低かったんだって。

同居人は、汗をかく夏場は、1日に2回入浴することも珍しくないけど、冬は寒すぎて一日おきの入浴になっちゃう。でもそれって、無類のお風呂好きの隣人からしたら信じられないことらしく、「毎日お風呂に入るのが当たり前でしょ」っていつも言われるんだって。要介護認定リスクの面では、隣人の入浴回数が正しいのかも。

でも、お風呂の入りかたの面では同居人もいい線いっていて、「浴室の電気を消して脱衣場の明かりで入る」「41度以下のお湯に入る」「交感神経を刺激するようなスマホゲームは入浴中はしない」「やたらと長湯をしない」「頭→体→顔の順に洗う」…これらの健康的とされる入浴法を全てたまたま実践しているらしい。

といっても、同居人は「副交感神経を優位にさせよう」と思ってやっていたわけではないけど、明かりが眩しかったり熱すぎたりが嫌という理由で、いつの間にかそうなったみたい。その点隣人は、熱めのお湯で電気を明るくして、スマホゲームをしながら毎日お風呂に入るのが好き…健康にいいのか悪いのかわからないね!

f:id:gobuichikun:20210220212233j:plain
f:id:gobuichikun:20210220212250j:plain
f:id:gobuichikun:20210220212303j:plain
f:id:gobuichikun:20210220212314j:plain
f:id:gobuichikun:20210220212328j:plain

マッシュルーム祭り♪

「今夜マッシュルーム祭りをするから、こっちに来る途中にマッシュルームを買ってきてほしい」隣人にそんなお願いをしてあった同居人。深夜に職場から帰宅したら、テーブルの上に、ホワイトマッシュルーム2パックとブラウンマッシュルーム3パック、そしてなぜか霜降りヒラタケ1パックが載っていたらしい。

お風呂に入る前にマッシュルームの軸を折り取って、中の空洞に軽く塩を振っておいてから入浴。そしてお風呂上がりに、石油ストーブの上でマッシュルームを5分くらい焼いたら…

あの透明なマッシュルームスープが、空洞にたまってきたよ!恐る恐る食べてみた隣人の感想は、「思っていたより美味しい!」「甘い!」だってさ。同居人は前に食べたことあるから美味しいことは知ってたけど、今回はホワイトとブラウンのマッシュルームがあったから、食べ比べができたんだって。

その結果、隣人も同居人も、ブラウンマッシュルームの方が味が濃くて美味しい!ということで一致したらしい。そして、マッシュルーム祭りのおともは、やっぱり白ワインが最高♪

ちなみに、折り取ったマッシュルームの軸は野菜スープの中にイン。そして、余ったマッシュルームやヒラタケは、翌日のキノコパスタに使ったんだってさ。

今回もそうだったけど、マッシュルームって岡山県産が多いイメージ。袋入りでいっぱい売ってる時もあるから、そんな時にはマッシュルーム祭りを開催するチャンス!石油ストーブがなくても、トースターやフライパンがあればできるし。マッシュルームの空洞にたまるスープを溢さないように&白ワインを冷やすのを忘れずに(^q^)

f:id:gobuichikun:20210220151649j:plain
f:id:gobuichikun:20210220151705j:plain
f:id:gobuichikun:20210220151719j:plain
f:id:gobuichikun:20210220151731j:plain
f:id:gobuichikun:20210220151744j:plain

家の中でお花見中

一週間前にお花屋さんで買った早咲きの桜が、ついに満開になったらしいよ!外は雪景色なのにお家の中には桜って、ちょっと不思議な感じだけど。

この桜の花弁は小さくて、色はごくごく淡いピンク。早咲きの桜といえば河津桜が有名だけど、花の色は河津桜みたいには濃くないから、これはなんていう種類の桜なんだろう?そう思った同居人はいろいろ調べたけど、早咲きの桜にも種類がたくさんあって、よくわからなかったみたい。枝が大きく広がっているから、とりあえず玄関に置いたらしいよ。

家のトイレの洗面台と床の間には越前水仙(越前海岸沿いに咲く日本水仙)を飾っていて、これは香りが最高だから気に入っているんだって。前にも銭湯で売られてた越前水仙の花束を買ったけど、それは1ヶ月ももったから、今回の水仙もそれくらいもつといいな。保ちがいいのも魅力だね。

この前うちに来た箪笥屋さんいわく、越前水仙は日本海の強風にさらされ、時には雪に埋もれながら咲いているから、普通の日本水仙よりさらに香りが強いんだって。知らなかったな~!

そういえば、庭には植えっぱなしの水仙の球根があるんだけど、去年花が咲いたと思ったら全然香らなくて、同居人はちょっとがっくりしたんだって。水仙にも、香る種類と香らない種類があるんだね。やっぱり今後植えるとしたら香りの強い日本水仙だな…越前水仙の香りの強さには負けるだろうけど。

f:id:gobuichikun:20210220140153j:plain
f:id:gobuichikun:20210220140203j:plain
f:id:gobuichikun:20210220140215j:plain
f:id:gobuichikun:20210220140227j:plain
f:id:gobuichikun:20210220140325j:plain
f:id:gobuichikun:20210220140336j:plain
f:id:gobuichikun:20210220140406j:plain

バイバイ口内炎

先月末あたりから、仕事に追われて栄養や睡眠がいまいち足りていない同居人。それで先月末にはしばらく片目の下まぶたがピクピクしていて、それがいつの間にか治ったと思ったら、入れ違いに今度は数日前から口内炎が一個できちゃったらしい。

口内炎にもいろいろ種類があるらしいけど、同居人のはアフタ性口内炎ってやつで、ポテチやポン酢がしみて痛いらしい。ストレスや疲れによる免疫低下が原因とされているから、 たっぷりの栄養と睡眠をとらないといけなんだけど、その余裕がないんだって。

昨日も夕方から休日出勤して深夜までかかってお仕事をして、それでも終わらなかったから、今日もほんとは午後からお仕事だったけど午前中から職場に向かったんだって。途中、ふと思いついてコンビニへ。

同居人のお目当ては、チョコラBB!ビタミンB2の不足でも口内炎ができるから、ちょっとでも補おうと思ったらしい。それにしても、先日、石油ストーブ用のマッチを買いにいった時には、数軒コンビニやドラッグストアーを巡っても全然見つからなかったのに、今回はあっさり発見。

しかも、同居人が初めてチョコラBBと出会った20年前から比べると、各種栄養ドリンクのバリエーションが豊富で、チョコラBBだけでも種類がめちゃくちゃ増えてたんだって!いや~、現代人はいろいろお疲れで大変だね~。

同居人はなんだか楽しい気分になってきて、どのチョコラBBにしようか迷ったあげく、チョコラBBスパークリングというのを選んで、早速職場でチビチビ飲んでみたんだって。

久しぶりのチョコラBBの感想は?うん、何とも言えないお味だけど、なんだか効いた気がする♪だってさ。

 

f:id:gobuichikun:20210219014114j:plain

雪中寒梅とはこのこと。

f:id:gobuichikun:20210219014141j:plain

朝にはこれくらいだったのに…

f:id:gobuichikun:20210219014213j:plain

夜にはこうなって…

f:id:gobuichikun:20210219014236j:plain

次の日の朝にはこうなった。

f:id:gobuichikun:20210219014258j:plain

f:id:gobuichikun:20210219014311j:plain

寒いにゃ…

f:id:gobuichikun:20210219014330j:plain

雪吊り再び活躍!

f:id:gobuichikun:20210219014354j:plain

f:id:gobuichikun:20210219014409j:plain

ジャ~ン♪

f:id:gobuichikun:20210219014437j:plain

酸っぱかった!

f:id:gobuichikun:20210219014515j:plain

これも重要☆